• ホーム
  • 男性型脱毛症の特徴とは?

男性型脱毛症の特徴とは?

髪の毛を気にする男性

男性が薄毛になるのは、加齢、男性ホルモンの影響、免疫機能の異常、遺伝が主な原因として考えられています。
20代の若い男性が薄毛になる場合は、男性ホルモンの影響による男性型脱毛症の可能性があります。
男性型脱毛症は脱毛症の1つで、どんどん進行していきます。
最近抜け毛が増えていると感じている方は、早い段階で治療を行うことが重要です。
まず、男性型脱毛症の原因について説明します。
髪の毛は、発毛して成長し脱毛することを繰り返しています。
これは、ヘアサイクルと呼ばれているもので、男性ホルモンの働きによって髪の毛の成長が促され数年の間で発毛から脱毛を繰り返します。
しかし、男性ホルモンの1種である5αリダクターゼという酵素が分泌されると男性ホルモンに影響を及ぼしてしまいます。
男性ホルモンは、成長を阻害するホルモンに変化してしまうのです。
成長阻害ホルモンによって頭髪は発毛しても成長しないまま脱毛していきます。
男性型脱毛症を発症すると、成長途中の短くて細い毛(ミニチュア毛)が抜け毛の中に増えてきます。
抜け落ちた頭髪を集めて確認してみましょう。
抜けた頭髪の中にミニチュア毛の割合が多い時は、男性型脱毛症が始まっていると考えられます。
男性型脱毛症は、額の生え際や頭頂部は薄毛になり、後頭部と側頭部の毛は残るのが特徴です。
これは、生え際や登頂部は成長阻害ホルモンの影響を強く受けてしまうことにあります。
生え際は、額が後退したり、額の両側が剃り込みを入れたようにハゲてきます。
頭頂部はつむじ周辺がハゲてきます。
後頭部と側頭部は成長阻害ホルモンの影響を受けないので、ヘアサイクルが正常に繰り返されます。
若い男性が発症することも特徴の1つです。
男性型脱毛症が疑われる場合は、皮膚科や男性型脱毛症治療の専門クリニックに相談することをお勧めします。

関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索