• ホーム
  • 男性型脱毛症に効く薬の成分とは

男性型脱毛症に効く薬の成分とは

鏡を見ている男性

鏡を見て髪の毛が薄くなったなと感じたら、男性型脱毛症の疑いがあります。
この症状は進行性で、頭頂部か前頭部の生え際、またはその両方が同時に薄くなっていくもので、人によって程度の差はありますが、徐々に髪の毛が減っていくのが特徴です。
放置しても治ることはなく、いつまでも進行していくので、早めの予防が重要となります。
男性型脱毛症の原因とされるのは遺伝子や男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)、頭皮の血行不良などがありますが、それらに効く成分はフィナステリドとミノキシジルと呼ばれるもので、どちらも薄毛の症状を治療するために利用され、厚生労働省でも有効的な成分として認可されています。
フィナステリドは5α還元酵素阻害薬と言われ、本来ならば男性ホルモンのテストステロンと繋がることでDHTが生成され、毛母細胞のレセプターに結合してヘアサイクルを狂わせるのですが、その働きを阻害することでDHTの生成を抑制し、ヘアサイクルが狂うことを阻止します。
ミノキシジルは血管を拡張させる作用があるため、頭皮の血流を改善することで、血行不良によって抜け毛が起こっていた症状を改善し、毛根に栄養が行き渡ることで細胞を活性化させて発毛を促します。
育毛剤にも配合される成分で、外用薬であれば市販も許可されており、ドラッグストアでも購入することができます。
どの成分も男性型脱毛症に有効的ですが、元々は別の医薬品として開発された経緯があります。
フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として、ミノキシジルは高血圧症の治療薬として開発されましたが、副作用によって薄毛に良い効果をもたらすことが発見されたことで転用された成分です。
薄毛を改善するために開発されたものではないので、使用すると身体に様々な副作用を起こすことがあるため、使用には十分に注意する必要があります。

関連記事
サイト内検索