• ホーム
  • 女性の男性型脱毛症と胎児への栄養の関係

女性の男性型脱毛症と胎児への栄養の関係

最近では男性型脱毛症(AGA)という言葉をよく聞くようになったのですが、男性型脱毛症(AGA)は男性だけでなく女性でもなってしまうことがあります。
男性型脱毛症(AGA)で悩んでおり、育毛剤を使っているという女性もいるかもしれません。
女性は妊娠すると抜け毛が多くなるのですが、その原因は黄体ホルモンの活発化です。
妊娠中は黄体ホルモンの分泌が活発になり、もともとこのホルモンには髪の毛の成長をサポートする働きがあります。
しかし、増えすぎるとヘアサイクルが乱れる原因となってしまいますし、髪の毛の成長期が短くなってしまうのです。
また、妊娠中は胎児にも栄養を与える必要があるため、母親の髪の毛に必要な栄養が足りなくなってしまうことがあります。
栄養不足も抜け毛の原因の一つであり、妊娠中の抜け毛は自然な現象であると言えるでしょう。
通常は数ヶ月でもとに戻るため、妊娠中に抜け毛が増えたからといってあまり気にしないことが大切です。
抜け毛を気にしすぎるとストレスが溜まってしまいますし、ホルモンバランスが乱れることで抜け毛が進行してしまうのです。
半年以上経っても抜け毛が治まらないという場合、育毛剤を使ってみると良いでしょう。
妊娠中の女性はどのような育毛剤を選んだら良いのかということですが、男性用の育毛剤は絶対に使用しないことが大切です。
男性用の育毛剤は女性によって刺激が強く、使用することで胎児に異常が出てしまう可能性があります。
そこで胎児への影響を心配している場合、母乳や血液中に溶け出さない成分を使っている育毛剤を選ぶようにしましょう。
女性用の育毛剤なら安心して使用できることがほとんどなのですが、一応成分もチェックしておくと安心です。

関連記事